エステで使用されてい薬剤は、市販されているものよりも肌トラブルへの効果が期待できます。

MENU

セルフケアとエステの違い

ここでは、自宅でのセフルケアとエステの大きな違いについてご紹介していきます。

 

使用している薬剤が違う

今はそれぞれのニーズに合った基礎化粧品が多数市販されていて、誰でも気軽に入手することができる時代ですよね。
大抵の場合、その肌の悩みに効果が期待できる成分が配合された製品である、ということが多いのですが、実はその成分に大きな違いがあります。

 

1つは、成分の含有量です。

どういうことかというと、その基礎化粧品1本あたりに、効果が期待できる成分がどの程度含まれているか、ということです。

 

基礎化粧品、とくに化粧水に関してはそのほとんどが「水」であると言われています。
乳液やクリームも同様に「油分」と、「複数の肌に良い成分」、そしてその商品の売りである「特定の肌トラブルに効果のある成分」から構成されています。

 

一般に多く出回っている製品と比べると、プロ仕様の製品では、その「特定の肌トラブルに効果のある成分」の含有量が多く、より効果が期待できると言えます。

 

もう1つは、成分の質です。

いくら含有量が多くとも成分自体の質が低ければ肌トラブルへの効果はあまり期待できません。
たとえまったく同じ名前の成分でも、質が良いものとあまり良くないものが存在し、肌深層への届きやすさも変わってきます。
プロ仕様の製品では、こうした成分の質もより高いものを選んで使用しています。

 

しかし、肌トラブルへの効果が高い製品は、もちろん市販の基礎化粧品の中にもあります。
とはいえ、闇雲に値段の高い商品を買えば良いというわけではありません。

 

高価な基礎化粧品はもちろん成分にもこだわって作られていることとは思いますが、価格が高くなってしまう一因として、パッケージデザインや広告費などに多額の経費を使っているということが挙げられます。

 

スキンケアセット

こだわり抜いた美しいパッケージや、有名な女優さんを起用したCMなど、それらに必要となった予算も、製品の定価に影響してきます。
そのため、市販の基礎化粧品の中から、より大きな効果が期待でき、かつ自分の肌に合った商品を見つけ出すのは中々大変な作業と言えるでしょう。

 

エステで使用されているような薬剤は、やはり市販されているものよりも肌トラブルへの効果が期待できると言えます。
市販のものにも良い製品はありますが、数多くある商品から良いものを選ぶのは大変かも知れません。

エステにかかる費用は?