顔のくすみには原因があり、原因によって有効な成分が違います。

MENU

くすみに効果のある成分

くすみの原因として考えられるものと、それぞれ効果のある成分についてご紹介していきます。

 

血行不良

顔のマッサージ

血行が悪くなっていると、肌全体が青く見えたり、くすんで見えたりしてしまいます。
また、血流が悪くなっている状態が続くと顔のむくみにも繋がってしまうので、早めの対策が必要です。
適宜マッサージを行うなどの他に、血行促進効果の期待できる成分を見ていきましょう。

 

ビタミンE

ビタミンEは血管を健康に保つ効果と、毛細結果の働きを良くする効果を持ちます。
血管を健康に保つ作用に関しては、その強い抗酸化作用が関係してきます。
血管が詰まり気味になってしまう原因の1つとして、血中のコレステロールが酸化し、血管壁に張り付いてしまうということが挙げられます。
ビタミンEはそのコレステロールが酸化してしまうのを防いでくれるので、血管の流れを阻害する要素を断ち、若々しい状態に保ってくれます。
また、ビタミンEは血管の収縮の原因となる神経伝達物質が生成されるのを抑制する作用があり、毛細血管の働きをより高めてくれます。

 

シャクヤクエキス

シャクヤクの根から抽出したエキスで、血管を広げる効果などがあることから、古くから冷え性や血流の改善に用いられてきました。また、シャクヤクエキスは月経痛や生理不順など婦人病の治療にも用いられており、女性にとっては嬉しい成分と言えます。

 

紫外線

シミの原因であるメラニン色素の生成を促してしまう紫外線は、顔全体のくすみにも繋がります。

 

ビタミンC

メラニンの生成を抑制するだけでなく、既に蓄積されはじめてしまったメラニンを分解する作用もあり、積極的に摂取したい成分です。

 

アルブチン

メラニンが活性化する際に起こるチロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成を防ぎます。

 

リノール酸

チロシナーゼの働きを阻害するだけでなく、チロシナーゼそのものを分解する作用も持つ成分です。

シミに効果のある成分を参照

 

 

肌のくすみの原因としては血行不良や紫外線によるメラニン生成などが挙げられます。
それぞれ効果のある成分は、他の肌トラブルや健康促進にも期待が持てる、積極的に摂取していきたい成分ばかりです。