メラニン色素を破壊するレーザー治療は、特に紫外線原因のシミに効果的です。

MENU

レーザーでシミを取る

一度出来てしまったシミは、自力ではなかなか改善させる事ができないものです。
毎日コンシーラーやファンデーションで一生懸命隠しているけれど、できれば一気に消してしまいたい、と思う人が多いでしょう。

 

そういったときに思いつくシミのとり方、というと「レーザー治療」になります。

 

しかし、レーザー治療は美容皮膚科での治療で「自由診療」なりますから、どのくらいの金額になるのか、どんな治療方法なのか気になりますよね。

 

そこでここではレーザー治療の方法や金額についてご紹介します。

 

 

レーザー治療の方法

シミ取りのレーザーは黒や茶色の色素にのみ反応し、そのシミの原因であるメラニン色素を破壊します。
なお、メラニン色素を精製するメラノサイトというメラニン生成細胞など、そのほかの細胞を壊す事は無いとされています。

 

そのため、「老人性色素班」という紫外線が原因であるシミに対して特に効果があるとされています。

 

そばかすにも効果がありますが、そばかす自体が遺伝性であることが多いため、レーザー治療をしても再発してしまうことも考えられます。

 

また、シミの症状によってはレーザー治療の効果が期待できないものもあり、アトピーなどでアレルギーがある人の場合、施術できない場合があるので、美容皮膚科の担当医ときちんと話し合う必要があります。

 

 

レーザー治療の費用

レーザー治療の費用は、どのくらいのシミを取るのかやどんな方法でシミをとるのかで変わってきます。レーザー治療には、さまざまな種類があるのですが、代表的なものにQスイッチルビーレーザーがあります。

 

Qスイッチルビーレーザーの場合、

  • 5mm程度の大きさのシミであれば3,000円
  • 20mm程度のシミであれば10,000円ほど

になります。

 

また、美容皮膚科によっても値段が変わってくるので、前もって調べておきましょう。

 

費用が…という方は、地道にシミに効果のある成分が入ったスキンケアを使うといいでしょう。