シートマスクのパックは、肌の奥底にまで効率よく潤いを届ける効果が期待できます。

MENU

セルフケアで必要なもの

では、実際に自宅で肌のケアを行っていく際には、一般的にどのような物が必要なのでしょうか。

 

 

洗顔料

実は、肌表面の汚れは水やお湯でも落とすことが出来るとされており、洗顔料には、お水やお湯では落としきれない皮脂や角質を綺麗に取り除く効果があります。
また、洗浄力の高いものは肌に必要な油分まで同時に落としきってしまう可能性もあるため、すっきりと洗い流しつつも潤いを与える効果のある製品も発売されています。

 

化粧水

化粧水には洗顔後の肌を整える効果があり、洗顔によって失われた水分を補給する役割があります。また、化粧水そのものに保湿力はほとんどなく、保湿効果を求めるのなら後述する乳液やクリームを併用する必要があります。

 

美容液

毛穴のつまりやたるみ、くすみなど、それぞれの悩みに合わせた効果を期待できる成分が凝縮されているのが美容液です。
家庭で行うスキンケアでは、肌の悩みに最もダイレクトに届くものと言えます。
一般的に化粧水と乳液の間など、保湿力のある製品を塗布する前に使用することが多いです。

 

乳液

乳液には、肌に潤いを与える効果や、肌の水分の発散を防ぐ効果があります。
化粧水で与えた潤いを肌にとどめるのが主な役割ですので、一般に化粧水の後に使用するものとされます。クリームよりも伸びが良いものが多く、肌に馴染ませるのが容易であると言えます。

 

クリーム

乳液よりもさらに保湿力が期待できるのがクリームです。
乾燥肌の方や、冬など乾燥の気になる季節には乳液とクリームを併用すると良いでしょう。
また、フェイスマッサージのすべりを良くする潤滑油として用いられることもあります。

 

パック

肌に潤いや美肌成分を与える際、手やコットンでのパッティングでは、どうしても塗布する過程で水分や成分が蒸発していってしまいます。
そのため、化粧水をしみ込ませたシートマスクを使用することで、肌の奥底にまで効率よく潤いを届ける効果が期待できます。
また、肌に密着させることで汚れをごっそり落としきる洗い流すパックなども市販されています。

 

スキンケアする女性

 

自宅で行うセルフケアでは、一般に
洗顔→化粧水→美容液→乳液→(クリーム)
の順で行うことが多いようです。

 

それに加えて、ご自分の肌の悩みにあったスペシャルケアを足していくと良いでしょう。

 

セルフケアとエステの違い