ビタミンCはシミ予防のみならず、既にできてしまったシミを薄くする効果が期待できます。

MENU

シミに効果のある成分

ここでは、シミに対して効果の期待できる成分をご紹介していきます。
シミが気になるという方は、以下の成分を参考に基礎化粧品を見直してみて下さいね。

 

ビタミンC

美肌に効果的として広く知られているビタミンC。
その主な作用は以下の通りになります。

  • 抗炎症作用
  • 肌の老化を防ぐ
  • メラニン色素の抑制と分解
  • コラーゲンの生成を促す

 

このシミの素となるメラニンの生成を抑える作用が、新たにシミができてしまうのを防ぐことに繋がります。その他の作用も美肌を目指す女性にとって嬉しいものばかりなので、身体の内からも外からも積極的に摂取していきたいですね。

レモン

 

また、ビタミンCには既にできてしまったシミに対しても効果が期待できます。

 

シミとは、皮膚に蓄積したメラニン色素であると言えます。
ビタミンCには、メラニン色素を還元させる、つまり分解してしまうような作用があるため、シミ予防のみならず既にできてしまったシミを薄くする効果が期待できます。

 

アルブチン

アルブチンには、チロシナーゼを抑える働きがあります。
チロシナーゼは、メラニンが活性化する際に起こる酵素で、この働きを阻害することによってメラニンの生成を防ぐことができます。

 

リノール酸

リノール酸には、前述のチロシナーゼという酵素の働きを抑え、メラニンの生成を抑制する以外にも、チロシナーゼ事態を分解してしまう働きがあります。
そのためシミ予防に対して根本的なケアが叶うと言えます。

 

プラセンタエキス

プラセンタとは哺乳類の胎盤を意味し、そこから抽出されたのがプラセンタエキスです。
こちらのプラセンタエキスも、チロシナーゼの働きを抑えメラニンの生成を抑制する働きがあります。また、それ以外に代謝を促す作用を持つプラセンタエキスは、肌のターンオーバーを促進しメラニンが肌に留まるのを防いでくれます。

 

 

シミに効く成分と言われるものの大多数は、メラニンの生成を抑える作用を持ち、新たにシミができてしまうのを防ぐ働きをするものです。
また、それに加えて既にできてしまったシミにも効果のある、メラニンを還元してしまう成分もあるので、既にシミができてしまって悩んでいるという方はそちらをお試しになると良いでしょう。